安室奈美恵の衝撃の引退理由が明らかに!闇が深すぎてかわいそう過ぎる・・・






2018年10月5日更新済

惜しまれながらも引退を発表し、

ファイナルツアーを行なった安室奈美恵さん。

(人気のあった関連記事は最後にご紹介しています)

安室奈美恵さんはなぜ引退をするのでしょうか?

色々な憶測がありますが、気になったので調べてみました。

 

安室奈美恵の引退理由

安室奈美恵さんはテレビのドキュメンタリー番組で引退の理由について

「いろいろと本当にありすぎて、深すぎて・・・」

と前置きをした上で話はじめました。

実は、引退を発表した5年前の2012年の時点で引退する決意をしていたそうです。

その年はデビュー20周年になり、

5大ドームツアーも大成功していたのですが、

事務所には来年も歌手活動をするか考えさせて欲しいと

伝えていたようです。

しかし、その希望は叶えることができませんでした。

そのことについては、以下のように話されていました。

最終的に20周年が終わった後に引退することができなかった。

その時はすべてを本当にやり尽くした。

自分の思いの丈もやれることすべてやり尽くした。

20周年の後に引退することができないと知った時は

どうすればいいんだろう、、、って

燃え尽きてしまったので次に何をするかを考えられなかった

と苦しかった胸のうちを明かしていました。




sponserdlink

なぜ引退できなかったのか?

なぜ引退できなかったのかについては、

確信をつくような話にはなりませんでしたが、

「引退することができなかった」

という表現からわかるのは、

本人は引退するつもりだったのにできなかった、

ということがわかります。

安室奈美恵さんの引退希望を叶えなかったのは誰なのか。

それは、ライジングプロダクションの平哲夫社長だったのです。

週刊文春でも記事がありましたが、

安室奈美恵さんは活動を休んで今後のことをゆっくり考えたい、

と希望を出したそうです。

もちろん事務所の社長の平哲夫社長もそれを知っていました。

しかし、平哲夫社長はライブの打ち上げの席でスタッフ全員の前で

「安室奈美恵は21年、22年も活動を続けていく!」

と勝手に発言したそうです。

その発言の結果、安室奈美恵さんの希望ではない、

活動の継続が決まってしまったそうです。

安室奈美恵さんの事務所への不信感はかなり前からあったようで、

ライジングプロダクションは、国税庁から

25億円の巨額所得隠し

を摘発されています。

その件によって平哲夫社長は2年の実刑判決を受けています。

安室奈美恵さんが稼いだお金を分配せずに脱税までしていました。

さらには、奴隷契約とも言える不条理や印税などの利益配分もあり、

安室奈美恵さんは不信になったそうです。

結果、平哲夫社長と安室奈美恵さんは決裂することになりました。

その後、安室奈美恵さんは平哲夫社長宛に

長年ライジングプロでお世話になって来ました私こと安室奈美恵は、

現時点までに公表しているお仕事を最後まで精一杯責任をもって

やらせていただいた上で、それ以降のアーティストとしての活動を停止し、

引退させていただく意思を固めました事を、ここにご報告させていただきます

と手紙を書いたそうです。

結果、事務所から独立することになり、2015年に契約を終了。

エイベックス系列の会社に移籍し、

その後個人事務所の「stella88」を設立しました。

 

独立してやっと「解放」されたと思ったのですが・・・

続きは次のページをご覧ください。




sponserdlink

安室奈美恵のアジアツアードキュメンタリーを無料動画で

 

関連記事








あなたにオススメ

YouTuber専門ニュースサイト

おすすめサイト更新情報


おすすめコンテンツ

3万5千人が読んだ電子書籍(無料プレゼント)

即日、当日融資が可能です!

結婚したい人は必見!



新着記事

仕事、会社をやめたい人へ

ニュースランキングで1位になりました!